高校卒業後の進学|家庭教師に依頼すれば成績アップ可能|偏差値に手が届く
女子

家庭教師に依頼すれば成績アップ可能|偏差値に手が届く

高校卒業後の進学

貯金箱

お金の問題

高校卒業後の進路として大学へ行く人は近年多い傾向にあります。大学の学費は国公立か私立かで大きく変わります。また、自宅から通うのと一人暮らしをするのとでも変わってきます。ほとんどの国立大学の初年度にかかる学費は約81万円となっています。公立大学の場合は、自分が住んでいた地域によって入学金が変わります。市内や県内の公立大学に入学すると県外からきた入学者よりも安い傾向にあります。そのため、初年度にかかる学費は授業料の約50万円と約10〜50万円の入学金となります。私立大学の初年度にかかる学費は100万円を超えます。このように大学はお金がとてもかかります。アルバイトをしたとしても学校と両立しながらですので、自分だけで払うのは大変です。受験をする前に親に承諾を得て協力してもらったり、奨学金を借りることを視野に入れてみましょう。

人気がある奨学金制度

近年、高校卒業後に就職する人よりも進学する人のほうが割合が高いです。大学は自分の興味のある分野を深く学べるうえに、サークル活動なども種類が豊富で盛んなところなど楽しそうなイメージが強いのです。また、就職活動の際に大手の会社などは大学卒が条件なところが多いので将来のことを考えて大学を選択する人も多いです。しかし、進学した際にはじめに入学金といったお金が必要になります。また、県外の学校を選択した場合は、一人暮らしの費用もかかってきます。そのため、進学の際に人気なのが奨学金です。高校生のときに事前に進学にむけて奨学金の申し込みができるので、入学金の支払いや一人暮らしの費用に困らずにすみます。奨学金を返すのは、学校を卒業して就職してある程度経ったときからで大丈夫ですので安心して借りられる点が人気です。